採用に関する
よくあるご質問

  • 文系でも大丈夫?

    たくさんの文系出身者が活躍しています!

    社員の文理比は、大卒では6:4と、文系出身者が上回ります。出身学部は、経営学部、法学部、文学部、経済学部、社会学部、商学部、教育学部などさまざま。
    また、役職についている文系学部出身の社員もたくさんいます。

  • 会社の雰囲気は?

    先輩に話しかけやすい、質問しやすい雰囲気です

    経営層と社員、先輩と部下の距離が近いので、話しやすい、風通しのよい社風です。経営層も同じフロアにいるので、何かあればすぐに話をすることができます。

  • 転勤はありますか?

    原則、転勤はありません

    ただし、本人からの希望(地元のある事業所や、本社への転勤希望など)があった場合は、その方のスキルや携わっているプロジェクトの状況などを考慮し、ご相談させていただきます。

  • 研修や教育制度について教えてください

    当社の研修は、「新入社員研修」「固定研修」「申請制研修」の3種類があります

    「新入社員研修(3ヶ月+OJT)」
    ▽マナー研修
    ▽コミュニケーション研修
    ▽技術研修(技術基礎、開発言語、プロジェクト運営、チーム演習、発表会)
    疑似プロジェクトを組んで、システム開発をするので、3ヶ月の研修が終わるころには、プログラミングができるようになります!
    社会人としての土台と、企業人としての自信を築くことができます。

    新入社員研修では、文系・理系問わず、全員で基礎から学びます。
    また、情報系以外の学部の方については、原則として、現場でのサポートが万全な本社に配属となるので、「文系だから…」という心配は無用です。入社当初は全員プログラマーとしてスタートし、少しずつ経験を重ねながら、SEへステップアップすることができます。
    大切なのは、前向きな気持ちと、お客様に喜ばれるシステムづくりをしたい!という思いです。

    「固定研修、申請制研修」
    新入社員研修後も成長を積極的に支援します。
    会社が提供する「固定研修」のほか、会社が出資する制度もあります。(※)業務上必要と感じる言語やビジネス知識、リーダー業務など、スキルに応じた研修を申請すれば、磨きたいスキルをどんどん伸ばすことができます!
    ※条件あり

  • プライベートは充実できますか?

    プライベートも充実してこそ、イイ仕事ができる!と考えています

    年間休日125日以上、有給休暇取得率は約70%(2018年度実績)と、お休みも取りやすい環境です。
    残業も月平均25時間程度(2018年度全社平均)。もちろん残業をしなければならないこともありますが、No残業デイや、残業時間に上限を設けるなど、ワークライフバランスにも配慮した環境づくりに取組んでいます。

  • 若いうちから仕事を任せてもらえますか?

    はい!是非チャレンジしてください!

    若い時こそ、失敗を恐れず果敢にチャレンジしてほしいです。(もちろん、先輩や上司がいつでもフォローできる体制です。)
    実際に、入社2年目でリーダーになった社員もいます。失敗することを恐れずに前向きに取組んでいれば、その分成長のチャンスもたくさん巡ってきます。ぜひいろいろなことにチャレンジしてください。

  • 女性も活躍できますか?

    活躍できます!求む女子力!

    部長や課長、プロジェクトマネージャーとして活躍している女性もたくさんいます。また、働くママもたくさん!しっかりとバランスをとりながら、家庭と仕事を両立させています。

  • データサービスの強みは?

    業界TOPクラスの歴史に刻まれた実績やノウハウ、お客様との信頼関係

    当社は、IT業界の黎明期、コンピュータがまだ日本で産業化するよりも前に設立され、同業界ではTOPクラスの歴史を誇ります。つまり、長年の実績で築き上げてきた、豊富なノウハウを持つ企業なのです。

    また、幅広い業界のシステム構築の実績がある点や、システム構築全般を手掛けているため、すべての開発工程に携われる、という点も強みです。

  • 求める人物像を教えてください

    「笑顔」「健康」「前向き」を大切にできる方

    「笑顔」
    ラクしてできる仕事はありませんが、大変な仕事でも楽しんで取組んでいる人がいます。そういう人ほど、本当にイイ表情をしていて、イイ成果を出しているように感じます。

    「健康」
    いい仕事をするには、元気であることが大事!セルフコントロールのできる人は、仕事のマネジメントもしっかりできる人が多いです。時には風邪などひいてしまうかもしれませんが、きちんと自己管理ができることが大切です。

    「前向き」
    ポジティブに仕事をしている人は、仕事でイイい結果を出しています。たとえ能力があっても、前向きでない人は、気の毒にも後輩にすぐ追い越されてしまいます。まずは失敗を恐れず、「やってみよう!」という気持ちで取り組んでほしいです。

  • SEのやりがい、魅力ってなに?

    自らの手で、社会を「良く」している、と実感できること

    入社当初はプログラマーとしてスタートするので、その段階では「思いどおりにプログラミングができて、システムが動いたときがすごくうれしい!」というのが大半の意見です。
    しかし、経験を積み、徐々にSEへシフトしていくにつれて、「世の中の仕組みを理解できてくること」に面白みを感じたり、「お客様に喜ばれること」に、やりがいを感じるようになります。

    お客様に喜ばれるためには、お客様企業の業界や仕事経営を理解する必要がありるので、しっかりと勉強をします。
    勉強すればするほど、企業という枠を、業界という枠を超えて、「世の中の仕組みを少しずつ理解できることが面白い!」と、多くのエンジニアは口を揃えます。

    ただし、当社が提供するシステムは、その企業の経営に大きくかかわります。
    技術力の自己満足や、自己の欲求・達成感だけでは済まされない、大きな大きな責任感や重圧もあります。
    だからこそ、システム構築が完了し、稼働したシステムがお客様に喜ばれたときは、「本当にうれしい!」のです。

  • クラブ活動や社員交流はありますか?

    実はアクティブな人も多いんです

    マラソンや野球など、意外とアクティブ!他にも、社員の家族も参加OKのボーリング大会やBBQ、歓迎会、忘年会などなど。
    年間をとおして交流の場があります。