FlexProcessフレックス プロセス

現場の「見える化」を実現し、
ものづくり業務の標準化・効率化を支援

「FlexProcess」は、プロセス製造業(食品・化学・医薬品など)向けのERPソリューションです。
生産工程をシステムで管理し、可視化を実現します。

データサービスは、日本電気株式会社「FlexProcess」の販売パートナーです。

食品・化学・医薬品製造業の皆様、 こんなお悩みは
ありませんか?

市販のパッケージ製品では
カスタマイズが難しい スクラッチ開発では独自のシステムが構築できるが、コストがかかり過ぎる 長期間稼働しているいステムをできるだけ短期間でシステム構築したい,社内に技術者がいないので、自分たちでシステム開発できるか不安

「FlexProcess」は、プロセス製造業のさまざまな課題解決や
業務改善に必要な基幹業務ソリューションを提供します。

FlexProcessで実現できることの例

  • 場所(工場、倉庫、棚)、
    状態、荷姿などの在庫管理が可能

  • 在庫受払の正確な記録
    さまざまな切り口での在庫検索

  • ロットサイズ、安全在庫の設定による
    生産計画と調達計画の連動

  • ロット・サブロットによる
    製造日、有効期限の管理

  • 品質検査、受入検査による合否判定、
    グレード判定、クラス設定

  • 生産基準情報の設定
    (製品、仕掛品、原材料、
    リサイクル品、副産物、
    ユーティリティなど)

  • ロットトレース機能

  • マスタ値による標準原価計算
    実績値による実際原価計算

きめ細かな在庫管理による
過剰在庫・欠品の削減

適正な在庫管理を実現するには、それぞれの企業が設定した目的・目標とする在庫管理基準を満たしていることが欠かせません。FlexProcessの導入により、原材料から製品に至るまであらゆる物品の在庫管理が可能になります。
在庫保管場所、在庫状態、有効期限など、各企業のニーズに適した正確な在庫情報の可視化を行うことができ、過剰在庫や廃棄損を削減します。正確な在庫管理により、誤投入や誤出荷防止、保管スペースの有効活用なども実現できます。

FlexProcessでは、原材料、製造設備、作業者、ユーティリティなど、プロセス産業における生産管理に関わる全要素を「資源」として管理。最適な生産計画・実行・管理が可能となり、生産現場でのニーズをそのままシステムに反映可能です。

詳細な品質情報管理と
トレーサビリティを実現

原料受入・生産の各工程・製品の出荷に至るまで、あらゆる段階に対応した検査情報の管理を実現。同一製品に対する納入先ごとの品質規格や、多種多様な検査項目・検査値に対応できます。
さらに、承認ワークフローに対応しており、入力者・完了者・承認者の権限分離も行えます。また、検査結果とロット管理を連動させたトレーサビリティを実現させており、製品ロットから原料ロットのみならず購入元まで特定を行う「フォワードトレース」・原料ロットから製品ロットの特定を行う「バックワードトレース」が可能です。

生産計画、製造指図、
製造実績のシームレス化

多品種小ロット生産を行う場合、多数の生産予定が発生し、急な計画変更への対応や、共通材料の取り合いなど、さまざまな問題が発生します。
FlexProcessでは、生産モデルと呼ばれるBOM(部品表)を使用し、生産計画から製造指図、製造実績までの一気通貫した管理を行うことにより、シームレスな運用の実現と、急な計画変更や適正な原料調達への対応が可能です。

FlexProcessにおける
システム開発フロー

プロセス製造業における生産管理を中心とした、さまざまな業務ソリューションをご提供可能です。
お客様が抱える課題をヒアリングし、状況に応じた最適な設計・システム構築を実践し、
運用に至るまでをお客様に並走しながらサポートします。

  • 01 企画
    • 現状業務分析 現場からのヒアリングを行い、課題の抽出と対応方針を検討
    • FlexProcess適用分析 パッケージ機能を評価し、業務がFlexProcessに適用可能かを検討
    • プロジェクト計画立案 プロジェクト体制、システム化範囲、スケジュールを立案
  • 02 仕様化
    • 適用支援 Fit&Gapによりパッケージとの適合範囲を分析
    • 基本設計 パッケージに適合しない業務に関する個別開発の要件を整理
  • 03 構築
    • 概要設計 個別開発の画面や帳票のイメージを設計し、機能仕様を合意
    • 詳細設計、製造、テスト システムを開発し、要件が満たされているかをテスト
  • 04 移行
    • マスタ移行 アイテムや部品表、保管場所などのマスタ情報をFlexProcessへ登録
    • トランザクション移行 在庫や発注残などのトランザクション情報をFlexProcessへ登録
  • 05 運用テスト
    • ユーザ教育 エンドユーザへシステムの操作教育を実施
    • 運用テスト支援 システムが業務上問題なく稼働できるかをユーザ自身がテスト
    • 本番立会 本番稼働直後および月次処理の立会い

FlexProcessに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5350-9180

株式会社データサービス システム事業本部
受付時間:9:00~17:00
(除く土・日・祝日・当社休日等)

WEBからのお問い合わせ