2002年入社/文学科日本文学専攻卒/滝

2014/01/31

  中途入社で201401281428_1-120x0.pngす。
  他業界で長く働き「営業事務」「販促」「広報」「企画営業」等を経て
  『人事』という職種に憧れを見出し、転職を決意。
  しかし、既に30ん歳!?。
  専門知識を要する『人事職』で
  30歳過ぎの未経験者を雇う勇気のある企業など、なかなかあるはずも有りません。

  46社に履歴書を送り、36社から書類選考不採用の通知。
  でも10社からオファー。 おっ10社も?スゴイっ! と思ったものの、
  蓋を開ければそれは「経験職種でなら採用したい」というものが7割。
  人事で検討してくれた企業は3社のみでした。

  では、その3社の中から、なぜデータサービスを選んだのか?
  それは、社長(現会長)の一言。

「私は、30歳過ぎで人事職未経験ですが、人事に成ることはできますか?」という私の質問に対し、
社長(現会長)は・・・
「あのね、会社に入ったからって、人事になれないよ。
 人事になろうと思って、あなたが努力しないと、いつまで経っても人事には成れない
 でも、一つの業界で腰を据えてやってきているようだから、根性が有りそうだ。
 まぁ、やってごらんよ。ちょっと歳はいっているけど(笑)」。

企業は「営利団体」です。
一般的には、人の成長を”待つ”なんて呑気なことはいっていられません。
でも、社長(現会長)のその言葉から、人の成長を”見守る心の余裕”を持った経営者という印象を受け、
ぬくもりを感じました。
「このような経営者が率いる会社であれば、未経験の私でも何かお役に立てるかもしれない!?」と考えて
データサービスへの入社を決意しました。

「お役に立とう」なんて、オコガマシイほど、まだまだ精進の必要性を実感する毎日ですが、
入社してよかったと実感しています。
合言葉「みんなで良くしよう!」に表れている”仲間感”のある職場の空気、
オフのスポーツイベント等、仕事以外でもデータサービスの一員としての充実感が有ります。

この輪に飛び込んでみませんか?